スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

サイレントカッティングでの削りカスと音の違い

無音状態でカッティングを行い、削りカスの違いからノイズがどのように変わるかテストを行いました。 上の2枚の写真は、カットした時の削りカスを顕微鏡でみたもの。 明らかに違いあります。片方は縮れてしまっていて、もう片方は比較的まっすぐの状態なのがわかります。
これが音にどのように影響するか録音してみました。


波形をみてもらっただけでもノイズレベルに大きく違いが見えていますよね。
[AFTER]の方が正直かなりノイズのレベルとしては、かなり小さくなりました。

削りカスと音の違いはわかったけど、何を変えたのか?
削りカスの写真からなんとなくわかりますか?

最新の投稿

12インチの初カット!!Hara Recorder

再生用トーンアーム台の制作 -Hara Recorder RM-805VA-

周波数特性の測定 -Hara Recorder RM-805VA -

カッティングヘッドに熱線固定の追加、内臓アンプ部の修理 -Hara Recorder RM-805VA(HF~200)

カッティング針による音の違い

ATOM Recorder A-101 11st Cut

ATOM A-101の周波数特性

ATOM recoder A-101 バキュームモデルの作成

ATOM Recorder A-101 9th Cut

顕微鏡の入手

カッターヘッドウェイトマウンターの自作(針圧測定)

新しいカッティングヘッド用のメカデザイン

カッティング針について

ATOM A-101 写真