スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

周波数特性の測定 -Hara Recorder RM-805VA -

Hara Recorder RM-805VAもATOMの時同様に周波数特性を測定してみました。
オーディオ入力は、以下の右側にある端子の一番下、出力は一番上を使用しました。
RM-805VAは不親切にそれぞれの端子やつまみにがなんなのか全く書いてない。。。ので、バラした時についで調べておきました。
VUメータの下にあるつまみは、EQで左側がLow、右側がHighの調整つまみになります。 周波数特性はこのEQの調整によっても変動するので、このEQがそれぞれ振り切れている時も同様に測定しました。(Low, Center, Highというのがその意味)
こちらが測定結果 ATOMの時とは、違い低い周波数は低め、高い周波数は高めになっている(逆RIAAに近い) 黄色のカーブがそれ。 またEQをそれぞれ調整も正しく機能しているように見えていますね。
まずはそれぞれのEQをセンターにして次はカットしてみたいと思います。
続く

最新の投稿

カッティングヘッドに熱線固定の追加、内臓アンプ部の修理 -Hara Recorder RM-805VA(HF~200)

カッティング針による音の違い

ATOM Recorder A-101 11st Cut

ATOM A-101の周波数特性

ATOM recoder A-101 バキュームモデルの作成

ATOM Recorder A-101 9th Cut

顕微鏡の入手

カッターヘッドウェイトマウンターの自作(針圧測定)

新しいカッティングヘッド用のメカデザイン

カッティング針について

ATOM A-101 写真