再生用トーンアーム台の制作 -Hara Recorder RM-805VA-





またしても3Dプリンタで。。。どれだけ3Dプリンタに時間を費やしているのだろう。。。
今回は、レコードの再生用のトーンアームをRM-805VAに取り付けられるようにする台を制作しました。写真の青いのがそれです。トーンアームはテクニクスの使い慣れたものを使用してます。

問題なくレコードの最初から最後まで再生できることを確認できました。

最終目的は、カッティングしながら、音を再生するが狙いです。
ホワイトノイズをカッティングしながら、EQをリアルタイムに調整して、最適な音をカッティングするためのEQのカーブを探るのが狙いです。
再生用のRIAAプリアンプも設計中で、この台の横の部分に基板を取り付けられるようにする予定です。
また、ホワイトノイズジェネレータもまずは基板で作ろうかと考えてます。

続く